腰痛

整体・カイロプラクティック・鍼灸

伝統正筋術について

当院は伝統医学の基づき施術させていただきます。まず東洋医学の基本は体のバランスを調整し、身体の滞りを取り除き、流れを促進して健康をもたらすことです。これは漢方薬、鍼灸のみならず中医学全般でも言えます。

「正骨理筋」または「正筋骨」はという言葉は日本ではあまり馴染みがないと思いますが、簡単に言うとカイロプラクティックの伝統中医学バージョンです。一般のカイロプラクティックの方が脊椎(仙骨から頚椎)がメインですが、伝統中医学ではもっと幅広く、皮膚、筋肉、関節などの組織も重要視し、経絡経穴も意識ています。一般の整体より的確な施術を行うため、効果が断然違うと思います。

 

他店と違うところ

国内と国外でも技術を持っている先生がたくさんいらっしゃいます。実際治療の技術や方法に関して種類がさほど多くありません。治療に治療に必要なのは診断です。あらゆる状況を想定し、病気の原因を見つけて、患部の場所を特定するのは治療のカギであり、そもそも原因を分らなければ治療できません。良くない治療院はろくに診断出来ずに、肩こりや腰痛全部ワンパターンで施術することです。しかし、肩こりも腰痛も色々な原因がありますし、人それぞれ違います。例えば急性膵炎で病院に行ったのに、胃潰瘍と診断されたら的確な治療ができるのでしょうか?当院はオリジナルな治療方法をこだわっていることがなく、何より原因特定と的確な施術を重要視しています。

 

施術方法について

様々な手技を取り入れて体の状態や目的によって施術方法を変えております。エステやリラクゼーションのように決まった施術パターンがありません。毎回体の状態を診て説明しながら体に合う施術方法を選ばせていただきます。例えばカイロプラクティックの技術を使って体を伸ばしたり、気の流れを促進するために鍼を使ったりすることがあります。苦手な施術方法がありましたらその都度相談は可能です。

 

施術の流れ

お客様の年齢、体調、性別、状態によって、様々な施術方法から一番適した施術方法を選ばせていただきます。

問診 ⇒ 検査 ⇒ 説明しながら施術 ⇒ 施術後検査 ⇒ アドバイス 
(順番を変える場合がございます)

基本の施術の場合は施術時間は 1時間半~2時間程度が目安です。初診はプラス30分ぐらいです。お急ぎの方は最短30分でも体に最低限必要な施術が出来ますが、おすすめいたしません。
症状によって様々です、時間に余裕をもってお越し下さい。

 

お客様一人一人に適した施術を(FAQ)

よくある質問をまとめました。

 

Q/本当に5~10分だけで体の変化がわかりますか?

A/2、3分でも変化が分かります。まず体験コースをお試しください。

Q/どんな施術方法ですか?

A/アメリカのカイロプラクティック・日本の整体・中国4000年の推拿・気功・ツボなどの技術を使い分け、様々な手技を使って体をほぐし、矯正を行います。骨盤だけでなく、全身矯正でダイエット効果を促進し、老廃物・むくみ除去などの美容効果がございます。

※基本的に手技による施術が多く、道具は併用することもあります。

Q/施術を受ければ必ず体が良くなりますか?

A/施術前と施術後を比較すれば断然施術後の方が良くなります。当院の施術はとてもシンプルです。体の異常な部分を探して正しい位置に戻すため生まれ変わったように快適になります。何度も来院する必要はありません。但し、全ての症状に適するわけではございません。例えば脳の病気や癌が原因で腰が悪くなった場合、腰をいくら押しても治りません。

一般的な腰痛、肩コリ、50肩など、患者様から「痛みがなくなりました」を言われることが殆どです。

Q/痛いですか?

A/痛みの感じ方には個人差があります。足つぼマッサージのような痛みを求める施術ではありませんが、痛みを感じる場合もありますし、痛みを感じない方もいらっしゃいます。

Q/矯正は怖いですか?

A/初めての方はびっくりすることもありますが、乱暴な矯正方法を使わないので怖く無いと思います。

Q/根本的に治りますか?

A/診てみないとわかりません。当院にいらっしゃった患者様はほぼ1回で改善し始めます。一般的な腰痛・肩こりは2、3回通えば気にならなくなることが多いです。

施術は主に2種類あります。1つは一時的に痛みを取ることです。もう1つは病気の原因をなくすことです。一般の整体・鍼灸院は前者に当てはまり、通うことをやめた途端に元通りの体調に戻ります。後者は難易度が高く病気の原因を特定し、特に原因が生活習慣の症状であれば時間をかけて施術する必要があります。

 

痛みの原因特定はなぜ大事?腰痛や肩こりだと思ったら…

痛みの原因特定は的確な治療のために何より大事です。しかし、重要なことはそれだけではありません。体の痛みは疲労の蓄積とは限りません。場合によって重い病気の関連痛(放散痛)の可能性があるため、病院で精密検査する必要があります。

関連痛(放散痛)とは、例えば目の奥の違和感・吐き気・頭痛・頭が重く感じる場合は、脳動脈瘤の可能性があります。脳の血管にできたこぶが周りの神経を圧迫するため、こうした症状や肩こりが生じます。歯のトラブルでかむ筋肉などが疲労することで、肩こりが生じることがあります。同じく内臓の病気で腰痛が生じることがあります。

どんな些細なことが有っても必ず先生に伝えることが大事です。

ストレートネック・肩こり・五十肩

ストレートネック

ストレートネックとは首の頸椎部分が真っすぐになってしまった状態をさします。 正常な首の頸椎はゆるやかなカーブになっており、横から見た場合には「く」の字状、緩やかな「C」の字状の形をしています。ストレートネックはカーブがなくなり、頚椎の並びがまっすぐに変わってしまっているため、完璧に元通りの「C」の字状に治すことがほぼ不可能です。

しかし、時間をかけて適切な施術を行えばある程度形が整い、痛みの緩和ができ、鎮痛剤を飲む必要がなくなった患者様もいらっしゃいます。

肩こり・五十肩

五十肩とは正式には肩関節周囲炎と呼びます。50代を中心とする40〜60代の方に多くみられます 。明らかな原因は分かっていませんが、加齢に伴い骨・軟骨・靱帯・腱など関節の組織に炎症が起こることによって生じると考えられています。その他に肩こりの原因はいくつもあります。首から、腕から、腰からなどの原因でしたらほぼ症状改善が可能です。

 

腰痛・ぎっくり腰

すべり症・分離すべり症

すべり症とは、積み木のように連なる腰椎が、文字通り前方へ滑り出してしまい、様々な症状を引き起こす病気です。

日本整形外科学会の調査によると、日本で腰痛の人は約3000万人いると推計されています。 一口に腰痛といっても、その原因はさまざまあります。腰痛を原因別に分類すると、腰部脊柱管狭窄や椎間板ヘルニアなど腰の神経の障害によるもの、内臓の病気、重い脊椎の病気などがあります。しかし原因を特定できる腰痛は全体の約15%です。残りの約85%は原因を特定しにくい非特異的腰痛で、一般に腰痛症や坐骨神経痛などと診断されます。稀にあるすべり症と分離辷症は個々の背骨を繋げている部分が分離してしまう状態です。当院では痛み緩和の施術が可能ですが、治療するには整形外科の手術が必要です。

急性腰痛症

急性腰痛症とは突然のように痛み出す腰痛のタイプの1つで、代表的なものには、ぎっくり腰があります。

一般的にぎっくり腰と呼ばれる急性腰痛症は痛みの原因は、主に腰の関節やその周りの筋肉や靱帯にあると考えられていますが、原因がはっきりとしないこともあります。当院では原因特定困難な患者様が多く、殆どの患者様が施術後に笑顔で帰っていただいています。

 

この症状には注意

肩こりの症状が現れる病気には心筋梗塞・狭心症などがあります。肩こり以外に下記のような症状があると、ほかの病気のリスクが考えられます。 体を動かすときに息切れしやすくなった場合は、狭心症や心筋梗塞の可能性があります。関連痛といって、肩など心臓とは別の場所に症状を起こすことが少なくありません。特に肩こりを突然感じて突然消える場合や、胸の締めつけ感を伴う場合は要注意です。多くの腰痛は安静にしていると痛みがないのですが、がんが原因の場合「安静にしていても痛む」という特徴があります。がんではなくても痛みの原因は内臓疾患などの可能性があるため、早めに病院で精密検査を受けることをおすすめします。

画像診断

画像で診断できるタイプには「がん」「化膿性脊椎炎」「椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄」「圧迫骨折」「終板の障害」などがあります。この場合は整形外科の手術を受けるか保存療法で痛み緩和の施術対象になります。極稀にがんが原因で腰痛が生じていることがあります。腰痛を引き起こす「がん」には「骨のがん」「がんの骨転移」「すい臓がん」「大腸がん」などがあります。 もしも問診と痛みの症状ですい臓や大腸のがんが疑われた場合は内臓を撮影してがんがないかどうか確かめる必要があります。

当院では流れ作業を行わず毎回必ず患者さんの体調を確認しながら施術いたします。