About Violin Maker

当店のおすすめバイオリンメーカー

 

Liu Ji Xian Violin 劉吉先提琴 刘吉先提琴 

Liu Ji Xian

中国蘇州出身のLiu Jixianは、19歳で中国のバイオリン製作者からバイオリン製作を学び、修行が終わって師匠を離れてから11年間ずっとバイオリンの音を研究し、独自の「提琴微平衡振動理論」を作成しました。バイオリン製作の20年間、彼は海外の多くの国際的に有名なバイオリンメーカー教師を訪ね、様々なバイオリンの音を作る方法を学びました。彼はクレモナ製作学校の校長であるステファノコニア( Stefano Conia )から最も才能のあるバイオリンメーカーと呼ばれ、一緒にバイオリン製作を研究しました。

フランスの有名なバイオリンスタジオであるピエール・イヴ(Pierre-Yves)は、かつてLiu Jixian氏をフランスに招き、バイオリンの製作と調整について研究と討論したことがあります。そして、フランスで優れたバイオリンチューナーの称号を獲得しました。

Liu Jixianは2013年中国国際バイオリン製作コンクールでバイオリン音色を第3位で入賞しました。そして2016年にアメリカ国際バイオリン製作コンクール*に初めて参加し、バイオリン音色の評価で5ポイントを獲得しました。2018年に参加しました。 2回目は6ポイント獲得。

※アメリカ国際バイオリン製作コンクールの参加者は世界各国から集め、一度大体400人です。音色の評価に関してとても厳しくて、殆どの参加者が0~2ポイントしか取れませんでした。ここだけの話しですが、Liu氏と一緒に参加した中国の有名な職人達が殆ど0~1ポイントしか取れませんでした。大会で5~6ポイントを獲得したのは参加者の1~2割の数十名だけで、7ポイント以上を獲得したのはたった数名でした。

 

Gallery

江蘇南師大教授

皇家音楽学院教授

イタリアの職人さんとの交流

スペインオーケストラのトップもLiu Jixian氏のバイオリンを愛用しています。

Video